ログイン | English | ヘルプ

現在地

相互利用(他の図書館を利用する)

文献複写依頼

    本学に所蔵のない文献を、他の機関から取り寄せる事ができます。
    現物貸借(本の取寄せ)も可能です。その場合、通信欄に「現物貸借希望」とご記入ください。

    ※有料です※
    文献複写依頼(論文の取寄せ):複写代(相手館によって変わる)+送料がかかります
    現物貸借依頼(本の取寄せ):本を送ってもらう送料の往復分がかかります

    Web上で依頼入力が出来ます。
    マイライブラリの「文献複写依頼」から必要事項を入力してください。
    入力内容を確認後、「この内容で依頼」のボタンを押すと、図書館にデータが届きます。
    図書館はデータを確認し、問題がなければ依頼の処理を行います。依頼が完了すると、キャンセルはできません。
    間違ってデータを送ってしまった場合などは、速やかに図書館までご連絡ください。
    また、依頼が完了すると料金が発生します。その後不要になった場合でも、料金は必ず支払っていただくことになります。
    申込の際はお気を付けください。

    ※2018.6.20~ 一部修正しました
    研究室の許可がおりている研究生・研究員・学部学生は、支払区分で「公費」(研究室での支払い)を選択できます。
    研究室支払をご希望の方は、下記申請書を提出して下さい。
    文献複写申込申請書(院生・教職員以外)

    ※依頼の前に本学の所蔵状況を必ず確認してください。

  • 冊子体所蔵検索
  • 契約電子ジャーナル検索


私費での支払い
申込時に支払区分「私費」を選択してください。「到着メール」に金額を記載します。
受取時に料金をお持ちください。おつりのないようにお願いします。
支払には、プリンタ利用のポイントは使用できません。現金をお持ちください。

研究費払い
依頼:
利用者がマイライブラリから依頼すると、図書館へ「依頼メール」が送信されます。
この「依頼メール」が、本学の発注書の替わりとなります。
研究費払いの場合、研究室責任者以外の方(学部生含む)が依頼された際は、図書館から責任者宛てに「依頼メール」を転送します。
(システム上、図書館と責任者へ同時にメールを送ることが出来ないため)
依頼メールが届くと、図書館では文献複写の依頼作業を行います。依頼が完了すると、キャンセルはできません。
間違ってデータを送ってしまった場合などは、速やかに図書館までご連絡ください。

受取:
文献が到着しましたら、「到着メール」を図書館から依頼者宛に送信します。
「到着メール」には、「要求書(文献複写用)」がPDFで添付されます。
プリントアウトし、押印欄の責任者欄に必ず捺印して下さい。
文献受取時に、「要求書(文献複写用)」を図書館へ提出して下さい。
毎月10日締めで、月末に研究費から引かれます。

外部機関利用

    外部機関の利用を希望する方は、図書館カウンターにて紹介状を発行いたします。

    外部機関の所蔵を調べる方法は以下の通り

    1. ページ上部にある検索窓の検索タブを「他大学所蔵」に切り替えて検索する。

    2. OPAC (本学図書館蔵書検索)から、対象データベース「NACSIS目録」にチェックを入れて検索する。
     

    ※注意※
    検索結果をもとに各図書館に利用を申し込む際には、各館で利用条件が異なるため、図書館間で事前に確認する必要があります。(利用者からの直接連絡は受付けない場合があります。)
    利用したい場合は、必ず事前に図書館カウンターへご連絡下さい。